私のかわいい私


f:id:wqtq:20150227221510j:plain


夜、こうやってすごしているといろんなものが見えてくる、いや、なにも見えない。結局のところ、なにもわからない。
おおもりせいこさんを聴きながら優しくなったり全身がナイフになったり涙を流したりしながら自分と向き合っている。

人との距離の取り方が難しい。0か10か、でなきゃ終わり、みたいに思っちゃってバカじゃん最悪。全部ほしい、なんて本当に馬鹿で傲慢だ。


この間ハートランドを飲みながらムカついて声を荒らげて会話していたのだけど、相手の発言に腹が立って腹が立って、酔いも手伝って、珍しく頭のなかのあれこれブワアと勢いで吐き出したら何がこんなにも苦しいのかすこしわかった。言語化にすこしだけ、成功した。人間を対象としたそういう昇華の仕方は珍しいので驚いた。本来そういう方法は得意じゃない。
さて、それを手がかりに、私は今宵もひとりで言語化に取り組もうと思います。苦しい作業です。

私のかわいい私。どうか幸せになってくれ。


なんかくだけたかわいい文章になった